「旦那様は“釣り”にお出かけ」12月2日から公演です。

旦那様は釣りにお出かけ

いよいよ大詰めであります。The Gazpacho theater第一回公演。日本での演出公演は初めてです。海外というか私が公演したヨーロッパの国々と大きな違いがあり過ぎて戸惑っております。海外にいる時は舞台監督さんなんていなかったし、音響も友達、又は劇場の人に頼んで、照明は公演前にチャチャッと合わせて後は、照明さんに勝手にいじってちょうだいでおまかせだったw

かなりざっくりでした。路上公演で慣れてたのと、照明や、音響とかなるべく機械物を使いたくなかったし、暗転なんて無かったから出来たんだと思いますが。。。

そういえば日本の舞台って暗転が多くないですか?2回暗転に入ると完全に舞台に集中できないと言うか、現実に引き戻され飽きてしまうのは私だけでしょうかb-kodoku.gifいつから暗転が出来たのか不思議に思うb-orooro.gif照明も演劇の始まった頃はロウソク等火の光か、太陽か月の元で行っていたため、照明による演出効果は限られていたのに。音楽は楽器を奏でていただろう。映像なんて絶対なかった。それでも観劇した人は楽しんだと思う。きっとそれで十分なのに、今は機械物を多く使いすぎて、演出ばかりが目立ち役者が記憶に残らない。現代の演劇はもっと原点へ戻るべきだと思う。演出家主体の舞台ではなく役者主体の舞台に。きっと歌舞伎が演劇の本質、原点であり、まだまだ学べる要素が沢山あるshine.gifあー歌舞伎見に行きたい。。。

今日も通し稽古、明日も通し稽古、そして小屋入り。

「旦那様は”釣り”にお出かけ」

12月2日から12月8日まで池袋シアターKASSAIで行います!!ご興味、お時間のある方はぜひ粋なシチュエーションコメディを観にいらしてください!!チケット予約お願い致しますw01.gif

2015年11月に投稿したザ・ガスパッチョエンタープライズの記事一覧

PAGE TOP