ボイス

吉田選手。。。

負けてしまった。。。

絶対勝つと思ってたのに、、、、残念。

でも今回のレスリング女子の大活躍は吉田選手の影響は計り知れないはず!!

吉田選手のお父さんも!!

 

さて、話は全く変わりますが、

日本のクラウンはしゃべらない人が多い!

と言いますかしゃべる人をまだ見たことが無い!!

なぜだ??

クラウン=しゃべらない、みたいになってますがどこでそんな風になったのか。

トーキーの映画の影響とは思えませんが。。。

クラウンの歴史上偉大なクラウン、チャーリー・リベルやグロック、もちろんバスター・キートンだってしゃべってます。

もちろんただしゃべるのではなく、スペシャルなボイスで、またはわざとアクセントや訛りを付けたり、

過去にも沢山のクラウンが声を発していますがなぜ、日本のクラウンはしゃべらない!?

クラウン程自由に演技できる役者はいないのに、声を発さないなんてもったいない。

なぜか沢山のクラウンが、クラウンとはこうではならないと言う決め事でクラウンを演じているように見えます。

クラウンは演じるのではなく、もう一人のお馬鹿な自分をさらけ出す。

漫画でいうと「ジョジョ」みたいなものです。

クラウンと言う名のスタンドを目に見える形で表すのです。

決して演じていては自分のクラウンは見つかりませんし、出てきません。

最近はピエロよりもクラウンと言う言葉が少なからず多用され始めてます。

演劇関係者でもクラウンを知らない人がいますが、

クラウンと言う言葉、名前が広まり始めているので、クラウンのスピリッツ、演じ方が正しい方向に広まって欲しいです。

 

2016年8月に投稿したザ・ガスパッチョエンタープライズの記事一覧

PAGE TOP