クラウンスピリッツ

筋力が低下したのか、疲れが抜けにくくなったのか、それともただ不規則なだけなのか、ふくらはぎが疲れやすい。

20代前半の頃は週6かボクシングジムへ行き、朝夜走ってたのに。。。

ふくらはぎが疲れると姿勢が悪くなり、結果腰が痛んできます。

身体全体のバランスが悪いので水泳を始めようか考えています。

でも始め方に不安があります。

トランクス型のパンツでいいのか、それともブーメラン型でないといけないのか!?

水泳坊は必須なのか・・・。

電話をして聞けばよいのですが中々しませんね。

最近クラウンを教えてほしいと言う問い合わせを貰うことが多くなりました。

大変ありがたい限りです!!

私のクラウンは師フィリップ・ゴーリエから教わったのもなので、ヨーロッパクラウンです。

フィリップもヨーロッパで時代を気づいたクラウンの一人。

ヨーロッパのクラウンはサーカスのクラウンのようなメイクはしません。してはならないというわけではありませんが。

ヨーロッパクラウンはテクニックや動き、話し方よりも第一に考えるのはクラウンスピリッツだと思います。

クラウンの精神世界の様なものです。

こういうと宗教みたく読めますがw

クラウンとはお馬鹿でユニークなもう一人の自分。でもお馬鹿でユニークなキャラを演じているわけではありません。

クラウンはキャラクターではないので。

大失敗した時の寒い感覚をフランスでは「ミスターフロップ」と呼びます。

大失敗した時にミスターフロップと一緒に演技する事がクラウンの始まりで、そして毎日少しづつ自分のお馬鹿なところとユーモアを見つける旅です。

自分のお馬鹿とユニークを最高のプレジャーで観客にプレゼントする。

それを続けることが最終的にキャラクターになります。

フィリップが言っていました。

「偉大な役者は偉大なクラウンになれないし、偉大なクラウンは偉大な役者になれない」

演じるところから始まる役者の仕事と、演じないところから始めるクラウンの仕事。

役者とクラウンは真逆のところに位置します。

 

 

 

 

 

2016年7月に投稿したザ・ガスパッチョエンタープライズの記事一覧

PAGE TOP